リフォームで快適な居住空間を作るには

リフォームで快適生活【補助金とリフォームローンを活用】

リフォームとは?相見積もりで損しない

リフォームは、主に住宅内の部屋や外壁などの外装を改築したり、改装する事を言います。

 

手軽な例では、汚れや傷が付いてしまった壁紙の張り替えやペンキ塗り、築年数が経ったことで傷みが目立つキッチン、バスルームといった水回りの交換、間取りを変え床面積を増やす増築や、高齢者が快適に暮らせるようにバリアフリーな住宅にする工事などもリフォームと呼ばれているようです。

 

多くは建築知識と経験を持つリフォーム専門の業者が請け負うのです。

 

簡単な作業なら自分で行うこともでき、初心者向けにリフォームを分かりやすく解説した書籍もあります。

 

また、リフォームは洋服を仕立て直す場合にも使う言葉です。

 

服のサイズが体型と合わなくなったりうっかり破ってしまった場合も、仕立て直しすれば再びお気に入りの洋服が着れると人気なのです。

 

なお、リボンやラインストーンなどのパーツを足すことで個性的なファッションにする際には、リフォームよりもリメイクという言葉を使っているケースが多いでしょう。

 

家や物を大切にし、長く使い続けるには、リフォームを適切な時に行うという事がポイントです。

 

愛着あるものを長期間使い続けるために、定期的なお手入れを兼ねてリフォームを行ってみましょう。

 

愛用品がさらに一層使いやすくなると思いますよ。

 

今はリフォームを請け負う業者が増えており、低料金で工事期間も短縮しているなど、利用しやすくなっているのです。

 

リフォームをしたいのなら一度業者と相談してみましょう。

審査に通りやすいリフォームローンのメリットとデメリット

リフォームローンのシミュレーションがあることを知っていましたか?シミュレーションは大手金融機関のHPで試算フォームが設置されています。

検索サイトで「リフォーム シミュレーション」と検索すると該当するHPが複数ヒットします。

返済期間や借入希望額、割合などを入力すると月々の返済額が即座に算出されるので、ローンを組む前のシミュレーションにもってこいです。

個人情報の登録をせず試算することができますので気軽に利用することができます。

返済額の計算は複雑ですので便利な機能をありがたく使っていきましょう!リフォームローンでいくら借りられるかというのは、リフォーム工事をする上で最重要項目といえます。

しかし、リフォームローンは住宅ローンと比較して借入限度額は1/10程度しかありません。

借入れできる最大金額は500万円から1000万円になります。

参考:リフォームローン金利比較でおすすめは?【金利が安い銀行ランキング】

ですがリフォームローンの金利というものは、2から5%という高い金利に対し返済期間は10年から15年と短いので、借入金額が多いと返済額が大きくなってしまいます。

無理のない返済額を事前にシミュレーションすることがリフォームローンを組むうえで重要なのです。

口コミで評判の高いアプラスのリフォームローンはTポイントを貯めることができます。

申込できる人は20歳以上65歳未満の安定収入がある人で融資可能額は10万円以上300万円以内、返済回数は最長84回(7年)というライトなローンなのが特徴的です。

金利についてですが、アプラスの金利は7.20%から14.40%という少々高めの設定になっています。

インターネットでの申し込みが可能なことや担保・保証人が必要ありませんので小規模なリフォームでの利用が適しています。

返済のシミュレーションも条件を詳細に設定することができますので、アプラスのリフォームローンをもっと詳しく知りたいという方は、HPをご覧になってみては如何でしょう。

オリコのリフォームローンは365日いつでも仮受付OKのWebリフォームローン仮受付が非常に使い勝手が良いです。

来店不要でパソコンから申し込みができ審査も最短2日という速さで結果が郵送されてきます。

オリコのリフォームローンは完済時まで固定金利が適用され保証人、担保、保証料などが一切不要なのが特徴的です。

改修工事やリフォームだけでなく太陽光発電システム設置工事などにも利用できます。

申し込み時の注意点として、Webの仮受付の申し込みの際にはオリコとの提携販売会社やリフォーム会社との契約が必要となり、Webフォーマットには販売店コードまたはIDを入力しなければならないことがあげられます。

リフォームローン金利比較をするのであれば比較サイトを利用すると効率が良いです。

比較サイトなら複数の金融機関が掲載されていますし、限度額や借入れ条件を簡単に比較できます。

金利や審査時間など条件ごとに並び替えすることも可能です。

サイトによっては金融機関のバナーが貼ってありますのでクリックするだけで金融機関のHPへ飛べたりもします。

近年ネット銀行が広く普及してきたので、ネットで完結できるローンが増えています。

リフォームローンの一体型とはどのようなローンなのか知っていますか?平たく言うと住宅ローンとリフォームローンがセットになったローンです。

中古の住宅を購入し、その後リノベーションを計画しているのであれば一体型ローンを視野に入れると良いでしょう。

リフォームローンは住宅ローンよりも金利が高いので一元化することでリフォームの費用も低金利で借りられるのです。

但し、注意点もあります。

それは、事前審査においてリフォームの見積書が必要になる可能性があるほか、申込の際に工事の請負契約書が必要となる場合があります。

それ故、物件探しとあわせてリフォーム業者を探し、見積もりなどを取っておく必要があるのです。

金融機関より借り入れたリフォームローンが余ってしまった場合、借り入れた金融機関に返金する必要はあるのでしょうか?融資される金額は業者の見積書などによって決定するため余剰が出るケースは稀ですがわざと多く借りたみたいで不安になりますね。

一方で、建設業界では追加で費用が発生することのないように上乗せ融資を勧める業者もいるようです。

また、金融機関でも追加融資が難しい場合には、担当者も上乗せ融資を勧めることがあるようです。

融資を受けたのにリフォーム以外でお金を使ったということでもない限り、融資を受けた側が最終的に完済すれば問題が無く、そのまま放置していてもいいようですが、余剰分が気になるという人は繰り上げ返済をしておくことをおすすめします。

比較的手軽に利用できるリフォームローンの無担保型とは担保を用意する必要のないリフォームローンです。

土地や建物などの担保が不要ですので他のローンと比較して割と手軽に利用出来るローンとなっています。

反面、高金利であったり、借入期間が短いことや、限度額の低さなど担保型と比べてみると、デメリットを感じる点も少なくありません。

そのため無担型ローンをおすすめするケースは規模が小さめのリフォームだと言えるでしょう。

持ち家で少額のリフォームということであれば、比較的余裕のある人のリフォームとみなされることが多く審査に通りやすいという傾向があるそうです。

リフォームをするにあたって必要となるのがリフォームローンの頭金です。

その料金はリフォーム業者によって対応が異なります。

着工前に頭金が必要となる業者もいれば工事完了後に全額一括支払いでという施工業者もいます。

金額も業者によってかなり違いますので複数のリフォーム業者から見積もりを取って比べることをおすすめします。

頭金の金額は工事費用の1割から2割くらいが一般的ですが、契約前にも関わらず先に用意しておきますねと、手際が良い風を見せかけて資材費を請求してくる業者もいます。

失敗しないためには事前に契約内容をきちんと確認することが大切です。

リフォームローンの金利は金融機関によって様々です。

低い金利は1%台からありますが、金利は15%近いという金融機関もあります。

金利体系は2種類あり変動と固定という2つの金利体系があります。

変動金利のメリットとして金利が低いというのがありますが、景気の変動に応じて金利が変わるリスクがあります。

その点、固定金利であれば完済まで金利が変わることのない安心感はありますが、金利が高いというデメリットに加え、相場が下がっても高い金利で返済し続けなければいけないといったリスクもあります。

口コミなどの評価が高いおすすめのリフォームローンを探すには 口コミのランキングサイトを利用するのが便利です。

ですが、住宅事情は人それぞれで違いますので一概にネット情報だけに頼るのはいけません。

まず、現在の住宅で不満な点を家族で洗い出してリフォームに必要な金額を算出してから諸条件にあったリフォームローンを選びましょう。

リフォーム費用が高額なるようであれば有担保型ローンがおすすめですが、少額で済みそうであれば小回りが利く無担保型ローンがおすすめです。

また、中古住宅の購入と一緒にリフォームをしようと考えている人は一体型のリフォームローンを選べば金利を低く抑えることができます。

失敗しないリフォームローンの選び方というのは金利だけを見てはいけません。

借入れ可能な期間や上限金額や保証人や担保が必要か否かなども選ぶポイントとなります。

団体信用生命保険(団信)に加入できるか否かや手数料など諸費用についても細かく比較することをおすすめします。

建材メーカーの中には自社の商品を使ってリフォームすると金利は0%、しかも無担保でリフォームローンを組める場合もあります。

リフォームローンは種類が豊富ですのでリフォーム会社に相談してみると良いでしょう。

周知のとおりリフォームローンの金利相場は市場金利によって上下します。

担保があるかないかによっても金利が変わり最近の相場は有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%となっています。

金利のタイプには2種類あって変動金利型と固定金利型があります。

変動金利型というのは市場金利に応じて半年ごとに金利が更新されるローンで固定金利型は市場金利の変化に関係なく、金利は一定のローンです。

更に固定金利型には完済まで金利が継続される長期固定金利型と指定したある期間内だけ固定金利で、満了するごとに長期型か変動型に指定する固定金利選択型があります。

残念ながらリフォームローンに落ちたという人はまずは落ちた原因を細かく分析する必要があります。

審査に通らなかった要因は希望金額が収入に対して高すぎた可能性があります。

勤続年数が短かったり非正規雇用だったりといった問題があった可能性もあります。

例えばマイカーローンの返済中であるなどカードローンの利用状況というのも実は大きな要因となるのです。

これらのローンをきちんと返済することが審査に受かる第一歩となります。

リフォームローンで受けられる控除は所得税の控除があります。

申告をすることで、その年の所得税からリフォーム工事費の10%が還付されます。

対象となるリフォーム工事の内容と限度額に関しましては条件が決まっています。

省エネや耐震、三世代同居といった場合は25万円、バリアフリー工事は20万円と定められています。

控除の要件には自身が所有し住むことや所得が3000万円以下である必要があります。


家のリフォームの流れや方法をわかりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 リフォームで快適生活【補助金とリフォームローンを活用】 All Rights Reserved.