リフォームで快適な居住空間を作るには

リフォームのデメリット

リフォームにはメリットだけではないのです。

 

デメリットについてもよく考え、行うかどうか決めなければなりません。

 

リフォームのデメリットには、建て替えとは違って構造に制約があるということでしょう。

 

水まわりや階段の位置は変えにくく、マンションでは間取りの変更などが不可能とされることもあるようで、自由に家を作り変えることは困難でしょう。

 

イメージ通りにならずにがっかりしてしまうことも考えられるために、ある程度妥協することが必要な場合もあるかもしれません。

 

それから、リフォームしても構造体がそのままだと家の老朽化は確実に進んでしまいます。

 

耐震性能を高める工事を行う耐震リフォームが人気ですが、柱や壁がそのままの状態では、もしもの時の安全性に不安が残る場合もあるでしょう。

 

また、一旦解体してから補修に移るので手間が掛かり、工事費用が割高になる場合もあるのです。

 

細かい手作業も多く、職人の手間賃も高い様です。

 

それに、リフォームでは追加費用が発生する事もデメリットでしょう。

 

解体しなければ分からない傷みもあり、見積りを取った時よりも補修費用がかさんでしまうケースは少なくないのです。

 

使える予算が決まっている場合は、追加費用があると資金調達に苦労することもあり得ます。

 

リフォームは住みながらでも行えますので、仮住まいの必要がないことはメリットなのですが、周囲の住環境を変えることは当然ながらなく、近所への不満があっても根本的な解決には結び付かない点も挙げられます。

 

以上がデメリットで代表的な事柄でしょう。

 

リフォームではメリット・デメリットを両方踏まえて取り組みましょう。

リフォームのデメリット関連エントリー


家のリフォームの流れや方法をわかりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 リフォームで快適生活 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

リフォームのデメリット