リフォームで快適な居住空間を作るには

リフォームの時期

リフォームを行う時期はどのくらいの間隔がよいかご存知ですか。

 

建物を長く美しく保つためにも、修理や補修は適当な時期を見計らって行いたいものです。

 

リフォームをいつ、どのような内容にするのか、大まかにでも考えておくと資金の目処もたてやすくなるでしょう。

 

たとえ表面上はたいした傷みには見えなくとも、内部では金属部分のサビや木材の腐りなど、建物の構造上において重大なダメージを負っている可能性もあります。

 

チェックする意味でも、リフォームを定期的に行うことを考えてみてもよいのではないでしょうか。

 

内装から見てみると、壁紙の交換・ペンキの塗替えは5〜10年ほどで行います。

 

特にリビングなどの家族が集まる場所では傷みが激しくなりがちなので、早めにケアをするようにすればいつまでも新築のような雰囲気が保てるでしょう。

 

リフォームでは、水まわりの補修や設備機器の交換もよく行われています。

 

毎日使うものですし、ガスコンロやボイラーが劣化すると安全性にも関わってきますから、とりわけ注意を払って15〜20年を目安に周辺機器の交換をするようにしましょう。

 

外装では、リフォームの周期を10年位にしておくのです。

 

タイルなどの場合、目地の緩みやはがれが起こると外壁内部に水が入り込み、給排水管がさびてしまうなどの問題が起こりやすくなるため、時折見て回るのを習慣にしてみませんか。

 

まとめてするよりも、問題がある箇所を見つけたらその都度手入れをしたほうが費用が嵩まないといわれます。

 

こまめにチェックし、定期的なリフォームで家を長持ちさせましょう。

 

リフォームは定期的に行い、トラブルが起こらないようにしたいですね。

リフォームの時期関連エントリー


家のリフォームの流れや方法をわかりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 リフォームで快適生活 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

リフォームの時期