リフォームで快適な居住空間を作るには

リフォームと住宅ローン控除

リフォームの支払いの為にローンを組む場合、住宅ローン控除が受けられます。

 

使いやすく作り変えたり、増築や改築、あるいは中古住宅をリフォームして住む場合に是非利用したいですね。

 

住宅ローン減税制度は、一定基準を満たす場合に特別控除が受けられるという制度です。

 

新築でなければ受けられないイメージがありますが、リフォームした際にも活用できる制度なのです。

 

昨今の不景気の影響によって、建て替えよりも自宅を補修しながら住みたいとする方が増え、とても魅力的な制度とされます。

 

そもそも住宅ローン減税制度は平成20年一杯で終了となる予定でしたが、平成21年度の税制改正によって継続が決定し、更なる拡大が図られています。

 

リフォームをまさにこれから行おうとするなら、この機会を逃す手はありません。

 

旧制度が最大160万円までの控除額であったのに対し、現在は500万円(長期優良住宅の場合は600万円)にまで引き上げられ、年末のローン残高の1%を限度として所得税から控除されます。

 

条件は、リフォームの場合は自己所有で住むことを目的として所得してから6ヶ月以内の住宅であり、床面積が50u以上、工事費用が100万円を超えていて、住宅ローンによる支払いであることなどです。

 

リフォームでバリアフリーや省エネ住宅、または耐震補修をするための工事にも利用できます。

 

ただし、築年数や耐震証明書の取得など、住宅ローン控除制度を受ける為の規定を満たしている必要があり、全ての住宅で利用できると言うわけではありません。

 

リフォームの費用支払いや見積りにも関わることなので、利用できるかどうか業者とも相談しながら手続を行うようにしましょう。

リフォームと住宅ローン控除関連エントリー


家のリフォームの流れや方法をわかりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 リフォームで快適生活 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

リフォームと住宅ローン控除