リフォームで快適な居住空間を作るには

リフォームでの予想外の出費

いざリフォームが始まってみると、見積りには書かれていない予想外の出費が出てくることがあります。

 

工事を行うにはどれも必要な出費であることも多く、時には当初考えていた予算を大幅に超えてしまう場合もあるでしょう。

 

家の老朽化が予想以上に進んでいることが多々あり、事前診断を受けていても工事が始まり、壁や床を解体して初めて補修工事をしなければリフォームが出来ないことが判明するといったこともあります。

 

また、施主の方から突然の工事内容の変更をお願いしたり、材料のグレードを変えることもあってか、見積り以外の追加費用が発生した割合はリフォームする方の実に7割とされるようです。

 

リフォーム工事後に費用が掛かることもあるのです。

 

折角だからと、気分を一新させる為に家具やカーテンなどのインテリアも新しくさせたい方もいるでしょう。

 

リフォームにはその場合も広い意味で含まれ、やはり費用がかさんでしまいます。

 

工事中に掛かる費用のことも考えましょう。

 

工事が始まればトランクルームのレンタルや仮住まいしたり、キッチンやバスルームが使えずに外食や銭湯通いをすることが多いものです。

 

その分の費用も忘れずに準備しておくようにしましょう。

 

それから、リフォームの諸経費として税金や登記、ローン関連費用に印紙代、工事中の職人さんに差し入れするお菓子やお茶代や、近所の方へのあいさつ回りに渡す手土産などの費用もあります。

 

リフォームではこれらも準備も怠らず、想定外の出費があることも踏まえて資金計画を建てていくことが大切です。

リフォームでの予想外の出費関連エントリー


家のリフォームの流れや方法をわかりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 リフォームで快適生活 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

リフォームでの予想外の出費